自力整体>

施術室

整体の考え方の基本は人は元来健康な状態であって、体の不調といったものは不自然な状態からくると考えるのです。
不自然な状態とは骨の歪みであったり、筋肉の緊張であったりです。
そういった不自然な状態をもとの自然な状態に戻すことで人が本来持っている自然治癒力を十分に発揮させることが出来れば人は健康を取り戻すというのが整体の療術の考え方です。
ですから、基本的に体に大きな負担のかかる療術はめったに行いません。
骨格の歪みを矯正するときには、歪んだ部分に局所的に力を加えることがありますが、それも瞬間的で、ほんの少しの時間でずれを直すだけなので体に大きな負担をかけるものではないのです。
そうすれば人は健康になっていくと考えるのです。

整体の療術では副作用といったようなものが少ないのが魅力です。
まったく副作用がないとはいえませんが、薬や外科的な療法を行うことと比較すると格段に体への負担が少ないものになります。
そのため施術そのものも手技を中心としていて体にとってやさしいものがほとんどで、施術をうけていても気持ちのいいものがほとんどです。
整体の基本的な考え方は体を自然な状態にするということですから、姿勢を正しいものにして、筋肉の緊張をなくしてコリをほぐして血行をよくするといったことを目指していくことです。
そのため、一回の施術で全てがよくなるといったことは少なく、回数を重ねることが必要になったり、日ごろからの姿勢や行動を気を付けることが必要になったりするのです。